■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国の渓流

2015年03月09日 10:54

3月7日の土曜日に、今年2回目の渓流釣りに行ってきました。
前回のレポートはアップしてませんけど、とっても良い天気で汗かくくらいだったのですが、
今回はあいにくの曇り空。
寒いかなと思ったけど、そうでもありませんでした。

林道入り口からは全く除雪されてないので、雪の壁をよじ登って歩きます。
積雪量はこんな感じ(^_^;)
2mくらいありそうです。
でもスノーシューがあるから全然潜りません(^^)v
20150307-DSC_1206.jpg
Nikon D610
VR24-120mm


[雪国の渓流]の続きを読む
スポンサーサイト

岳人9月号

2014年08月19日 10:42

株式会社ネイチュアエンタープライズより発行の
山岳雑誌『岳人』2014年9月号 No.807 の記事に、
私の撮影した写真が使われました (^O^)/
秘境探訪のガンガラシバナの写真です。
見開きでドーンと載ると、嬉しさも倍増です。
左上に小さくてもクレジットが載ってるのも嬉しい~!
20140819-01.jpg

20140819-02.jpg

ガンガラシバナを訪れたのは2008年です。
その雄大さは、私の写真では表現しきれませんでした。
また訪れてみたい場所の一つです。

山岳雑誌『岳人』2014年9月号 No.807
【 C O N T E N T S 】

8つ目の決断-『新生・岳人』に寄せて / 編集長 辰野勇
山の版画家 畦地 梅太郎を訪ねて
特別企画 6誌集結! 緊急座談会 山と人、時代をつなぐ『岳人』

- 特集 - - - - -
Seven Summits
世界の最高峰 7つの物語

移ろいゆく最高峰への旅 / 石川 直樹
セブンサミッツとは / 倉岡 裕之
海抜0mから地球のてっぺん8848mへ(エヴェレスト) / キム・チャンホ
アラスカ3山 冬季単独登頂に挑み続けて(マッキンリー) / 栗秋 正寿
登れる!? 南米最高峰 登山タクティクス(アコンカグア) / 角谷 道弘
南極で剥き出しの地球を感じる(ヴィンソン・マシフ) / 岩野 祥子
消えゆく「白く輝く峰」(キリマンジャロ) / 岩合 光昭
A.F.ママリーとコーカサスの山々(エルブルース) / 海津 正彦
石器時代への旅(カルステンツ・ピラミッド) / 倉岡 裕之
セブンサミッツ 難易度とお値段
7大陸最高峰の新しい挑戦 トリプル・セブンサミッツ / 池田 常道
- - - - - - - - -

秘境探訪(1)ガンガラシバナ・ジッピ
新名山行 鳥取大山
Dr.Mの山道具考(1)山岳テント
岳人プロファイル(1)大西良治
ヴァリエーションリポート マウント・クレマンソー北壁 登攀・滑降の軌跡
ワールドリポート(1)ジョン・フリーのアラスカ電撃作戦
ショートリポート
超(スーパー)・登山論(19) / 服部 文祥
日本初翻訳 グリーンランド初横断 (1) / フリチョフ・ナンセン=著 東 知憲=訳
森と、樹と、輝きと(1)ミズナラ / 奥田 實
山と海の出逢い(1)宮城 気仙沼 / 畠山 重篤
岳人ニュース・インフォメーション
山岳書クラシックス(1)『素手の山』 / Dragon Inuzawa
書評
岳人掲示板
山食通信(1)簡単、具だくさんカレーパスタ
遭難事例から学ぶ知恵と教訓(1)増水事故 / 羽根田 治
山の空気 読んでますか(1)甘く見られない空気の力 / 猪熊 隆之
マイ・クライミングジャーニー(1)旅立ち / 鈴木 英貴
クライミング用語辞典 ジェードル/ヒマラヤ
とっておきの山歩き 安達太良山・峠沢・御中道と奥庭・水晶岳から釈迦ヶ岳・伊予富士・神原川
『神々の山嶺』創作ノート(1) / 夢枕 獏
オピニオン / 江本嘉伸
次回予告&編集後記

発売日 ◎ 2014年8月12日
判 型 ◎ B5判
総頁数 ◎ 140ページ
雑誌コード ◎ 02681-09
価格◎ \680(税別)

静岡県 信濃俣河内(しなのまたがっち)

2014年05月19日 13:54

5月のGWも終わって、ようやく山が萌える季節になりました。
ということは今年も釣りの季節到来です。
今年は大井川の支流、信濃俣河内から始ります。

20140510-DSC_0062.jpg
Nikon D90
VR 24-120mm f/3.5-5.6G
f/8、1/1600秒、EV-0.7、ISO 400、capture NX2

[静岡県 信濃俣河内(しなのまたがっち)]の続きを読む

新潟県 女川

2011年06月22日 09:46

気が付けば前回の更新から1カ月も経っちゃいました。
みなさん、ご無沙汰してます。
元気だったのですが、仕事も忙しくてなんとなく滞ってしまいました。

今回の記事は6月4日~5日で行った、新潟県と山形県の県境の山奥。
おんながわと読みます。原発のある女川(おながわ)ではないので、お間違いのないように(^_^;)

夜明け前の真っ暗な荒れた林道を走って行くと、流れた水が道路を侵食してTOYOTA VOXYでは進めなくなってしまいました。およそ1時間余計に歩くことになりましたが、出発です。

女川へは蕨峠という峠を越えて行きます。この道は古(いにしえ)から交易に使われていた道で、日本海からは塩が運ばれていたようです。
道といっても人ひとりがやっと歩けるようなものですから、重たい塩を背負っての道中は大変だったでしょう。

蕨峠からの景色。
何百年も前から変わらない眺め。
20110604-017.jpg
Nikon D90
SIGMA 18-125mm DC OS

[新潟県 女川]の続きを読む

埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

2011年05月03日 10:38

今年は珍しく4月から源流釣行でした。山奥を流れる渓流で岩魚を狙います。
例年だと5月どころか6月にならないと重い腰が上がらなかったんですけど・・・(^_^;)

行先は埼玉県の奥の奥、山梨、長野との県境も近い2000m以上の山々が連なる奥秩父です。
埼玉を横断するように流れる荒川源流部に足を踏み入れるのは、実に9年ぶり。
重たいザックを背負ってヒーヒー言いながら、登山道を歩いてきました。

荒川起点の碑
赤沢谷との出合に建っています。
ここまではハイキングコースで毎年のように訪れていました。
ここから先は本格的な登山道です。
20110423-P1010239.jpg


[埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。