■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃探倶楽部 日窒広河原沢軌道 更新

2008年06月18日 12:04

前回更新からだいぶ空いてしまいましたが、廃探倶楽部に「日窒広河原沢軌道」をアップしました。
人も通わぬような秩父の奥にひっそりと存在した軌道。日窒鉱業という鉱山の会社が敷いた軌道だったようで、鉱山で使う坑木等を運んでいたようです。
しかし、詳しい資料も無く、謎の多い軌道です。
秩父廃探の旅の目玉と言えるこの軌道。何か見つけることはできたでしょうか。

廃探倶楽部

20080618-DSC_0153.jpg


コメント

  1. iraka | URL | NJsiWxd2

    サトシさん こんばんは。
    それにしても山には色々なモノが転がっているのですね。(^^;
    ↓の・・・自分の故郷がここならいいな~ってのすごくわかります!
    そういう大切にしたい場所ってありますよね。(^^)

  2. Rei | URL | GCA3nAmE

    サトシにいちゃん、おはよ~♪
    日窒広河原沢軌道見せてもらいました(^^)
    なんだかドキドキするね~楽しくて(笑)
    それにしても↑の朽ちた桟橋に乗らなくてよかった~。
    一瞬、みんなで渡るのかと思ってヒヤヒヤ(^^:)
    いくら体重が軽いサトシにいちゃんでもね~(笑)
    それはそうと飯場があった所なんかは
    あ~やって一升瓶やらいろんなものが置き去りにされてるの?
    昔、秘境でのお仕事は大変だっただろうけど、
    そういうのは持ち帰って欲しかったなぁ。
    でもあとから廃にとっての貴重な資料になるのかな?

  3. ギル | URL | USldnCAg

    あれま!

    桟橋の下にレール、写ってるね!
    自分のも見たけど写ってたよ。
    全然気づかなかった(^^;。

    それと丸太の材木、これも気づかなかった。
    こりゃマズイぞ。
    早いとこ再訪しないと撤去されちゃうね。
    んでも補修するって事は現役の道なのね。
    林業道だろうけど。

    しかしまぁ色々撮ってたんだね。
    アタシャ今回は見送って再訪した後にレポするよ。

  4. サトシ | URL | wLMIWoss

    >irakaさん

    はい、何でも転がってます。ダルマさんとかも<ウソ(^_^;)
    で、お金も転がってるといいんだけど(笑)

    >そういう大切にしたい場所ってありますよね。(^^)

    こういう所だとのんびりできるし、落ち着きます。
    釣りで使うキャンプ場にも曲屋があるんですよ。そこに一度泊まったことあります。
    また今度泊まりに行こうかな。

  5. サトシ | URL | wLMIWoss

    >Reiちゃん

    朽ちた桟橋、乗ってほしかった?(笑)
    あそこ通らないと目指す場所に行けないんだよねぇ。それか川を行って8m滝を直登するか(^_^;)
    滝登るほうが安全な気はするけど。

    >あ~やって一升瓶やらいろんなものが置き去りにされてるの?

    うん、大体そうみたい。今となってはゴミも片付けないと問題だよね。
    でも、当時は誰も文句は言わなかったんだろうなぁ。
    資料にならなくもないけど、大した価値はないだろうし(^_^;)

  6. サトシ | URL | wLMIWoss

    >ギルちゃん

    ね、写ってるべ。あのときは全然気がつかなかった。
    だけど、レイルにしてはちょっと形状が違う感じもしなくはないな。底はもっと狭いイメージなんだよね。単なるH鋼っぽい気も(^_^;)

    丸太は気がつかなかった? 現場で並べてあったから、架けなおすのに使うんだなと思っていたんよ。
    直してくれれば歩きやすいし。
    それがレイルがあるとなると話は別だね。落とされても見つかるとは思うけど。

    それと落ちてたレイル、あれやっぱ不自然じゃない? 1本なら回収中に落とした感じもするけど、2本だからなぁ。やっぱ軌道が敷かれてたって考えるのが普通のような気がする。

  7. はじめ | URL | pCrgQRR.

    はじめまして。

    こんにちは、はじめまして。
    広河原沢の軌道跡、私も去年行きました。参考になるかもしれませんので、一応URL貼ります。ちなみに現在掲示板は完全放置プレイ中です。

    頑張って下さいね!

  8. サトシ | URL | wLMIWoss

    >はじめさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    実は、広河原の軌道を知ったのは、はじめさんのサイトで見たからなんですよ。
    入川や和名倉等、秩父の軌道跡に行かれてるんですね。

    今年中には広河原の探索をやるつもりです。
    でほ、これからも宜しくお願いします。

  9. はじめ | URL | pCrgQRR.

    おや、そうでしたか。
    地図が間違っている、というご指摘が本文中にありましたが、「第一次探索」の最後の地図と一緒にご覧になるといいかもしれません。

    沢を進むと大きく北側のと南側のとに分かれるじゃないですか、その南側の沢の左岸を進むと北側の右岸の道へと進むことができる、ということです。

    いやはや、説明不足ですみません…。

  10. サトシ | URL | wLMIWoss

    >はじめさん

    どうもです。
    間違っているのか?という疑問形で書いたのですが、紛らわしかったですね。
    また別の箇所にも紛らわしい表現がありました。
    訂正しておきました。
    どうもすみませんです。お気を悪くなさらないよう、お願いします。
    文章で表現するのは難しいですね。

    詳しい説明ありがとうございます。
    確かに言われたとおりに道は繋がってました。
    今度は迷わず行けます。

    ところで、あの軌道ってほんとに奥にしかなかったんですかね?
    あの入渓点まであったんじゃないかと疑問に思ってます。2本一緒に落ちてるレールとか、索道であそこまで降ろしてくるのは無理なんじゃないかとか、エンジンという重たいものをどうやって奥まで持ち上げたのかと、いくつも疑問が出てきまして。
    単なる願望なんですけどね(^_^;)

  11. はじめ | URL | pCrgQRR.

    >サトシさん

    いえ、いえ、こちらこそ文章ヘタなものでして、すみませんでした。もっと巧くならなければ…

    エンジンはA型フォードのもののようでして、戦前に造られていた自動車のものです。
    これは本当に推測(というか憶測)でしかないのですが、秩父というのは昭和電工の疑獄事件の舞台にもなったくらい、鉱物資源が豊富なところです。特に大黒鉱付近ともなれば金やら銅やらが多く取れた鉱床。大きなカネが動くところにはキナ臭い部分が残るもので、あの広河原沢付近まで古くから道があって、戦前からそこに自動車のエンジンがあるというのは、大物(か、その遣い)あたりが視察に来ていた、などということも考えられるのではないかなあ、などと感じました。

    軌道跡ですが、確かに下部の索道盤台がどこにも繋がっていないこと、また軌間が狭い軌道だったことを考えると、沢の途中まで軌道だったかも知れません。
    ただ、朽ちた桟橋の先を進むと、かなり広い沢になっていて、よく見ながら歩くとぶっとい索道用のワイヤーが途切れつつもしっかりと残っています。なので、入渓した場所付近からの軌道は、そう長くはなかったと思われるのです。あの、8mの滝付近が運搬には悪条件なので、その付近をクリアするためだけに設けた軌道区間かと、そう考えています。

    今は砂防ダムができてしまったので大きく変化してしまいましたが、あの広い河原付近には発電所や貯木場などもあったそうです。やはりそれだけの長い年月が経過しているのですね。

    あ、あと奥の軌道跡、本当に死ぬかも知れませんので、気をつけて下さいね。(いやマジで…)

  12. サトシ | URL | wLMIWoss

    >はじめさん

    詳しい情報が次々と明らかに!(^o^)/
    実際に行った人から直で話を聞けると助かります。ネット上では、はじめさんのところだけにしか情報ないですから。
    そうですか、自動車のエンジンだったのですね。私はてっきり機関車のエンジンかと思い込んでました。戦前にあそこまで車で入り込めるのは、相当の大物だった可能性は高いですよね。
    機関車のエンジンでないのは残念ですけど、こういう隠れた話を聞けるのは興味深いです。

    ワイヤーがあるということは途中は索道だったのでしょうね。
    奥地の軌道跡がどうなっているのか、ますます知りたくなりました。
    発電所や貯木場もあったとは・・・。
    意外ととんでもない奥地に、そういうのが昔あったという話は多いですね。
    入川も集落があったと友人の調査で判明しましたし。

    >あ、あと奥の軌道跡、本当に死ぬかも知れませんので、気をつけて下さいね。(いやマジで…)

    心配していただき、ありがとうございます。
    源流釣りを長年やってまして、そういう状況に慣れてますので、大丈夫と思います。
    ザイルワークもある程度はできますし。
    でも、油断は禁物ですね。絶対というのはありませんから(^_^;)

    はじめさんは次の探索予定は無いのでしょうか?
    実は更新を楽しみにしてるんですよ。

  13. はじめ | URL | pCrgQRR.

    >サトシさん

    入川は結構な規模でして、パチンコ屋まであったそうです。もちろん手打ちの頃のパチンコでしょうけれど(笑)

    奥秩父関係で遺構が残っていそうなのは、後は中津川近辺だけなんですよ。後は道路になったりしちゃいました。なので広河原沢の遺構はたいへん貴重なものです。是非、行ってみて下さい。沢に慣れていらっしゃるのであれば、私とヨッキさんトリさんとが通った支流沢からのアプローチはお勧めです。沢から軌道跡まで標高差で50m以上はあるので、最初全然見えないんですよ。それが見えてくる、というのは本当に感動の一言に尽きました。

    あ、笹薮が酷くならないうちに行ったほうがいいですよ。あそこの笹藪の密集度は凄かったので。

    次回探索、行きたいんですが、仕事の都合上なかなか時間を取れないんですよ。すみません。。。
    行ったらご報告させていただきますね!

  14. サトシ | URL | ZvmPCRA.

    >はじめさん

    中津川もいつか行ってみます。距離が短いのが残念ですね。
    秩父は開発進んでみんな道路になっちゃいましたもんね。
    あとは一山超えて西沢渓谷でしょうか。

    夏場は廃線たどるのは難しいですね。下草伸びちゃうと見つけづらくなりますし。

    では、お互いがんばりましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://photomoment.blog22.fc2.com/tb.php/263-c3cfe7bf
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。