■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



雲竜瀑へ

2010年02月15日 18:18

女峰山(2483m)、赤薙山(2010m)に降った雨水を集め、栃木県の日光市を流れる稲荷川。この川は有名な日光東照宮のすぐ北側を流れて大谷川(だいやがわ)へと合流します。
稲荷川上流標高1400m付近の雲竜渓谷は両岸が断崖絶壁で、多くの小滝が掛かり冬季の結氷は素晴らしい景観です。その氷瀑群の中にあって落差150mにもなる雲竜瀑は、圧倒的な姿を見せてくれます。
今回は源流仲間4人と、その雲竜瀑を目指しました。



日光駅近くに集合した5人は林道終点まで車で行き、ゲート前に駐車して8時に歩き出しました。
残念ながら天候は雪。それほど降ってはいませんが、ガスって山は見えません。

20100213-DSC_0001.jpg



九十九折れの林道を息を切らせながら登り、日向砂防ダム展望台に9:15に到着しました。
しかし、御覧のように何も見えません。真っ白、ホワイトアウト状態です。
20100213-DSC_0011.jpg

雲竜瀑への道は5年前に一度たどっています。その時は道を間違えてしまい手前のゴルジュ帯で進めなくなって引き返しました。そのときに日向砂防ダム展望台にて撮影した写真がこれです。
晴れていればこんな感じに見えます。

20050226-DSC_0191.jpg



ま、天候を変えるわけにはいきませんので、先へと進みましょう。
この先はさらに九十九折れが続き、グングン標高を上げていきます。このカーブを曲がれば渓谷入口・・・、次こそは
・・・、と何度も裏切られながら、11:17ようやく雲竜渓谷の入り口へとたどり着きました。
林道の積雪はそれほどでもなく(20cmくらいか?)足が潜ってしまうほどではないのですが、それでも歩くたびに若干ですがスリップして力をロスするようです。それほどの斜度でもないのにやたらと疲れました。

雲竜渓谷入口には土石流の監視所があり、そこから階段で下りるようになっています。しかしこの階段がガチガチに凍っていてアイゼンは必須です。
コケることなく無事に川へと降り立ち、これから進む上流へと視線を向けます。そこには数十メートルの高さの垂直な崖から垂れ下がる、巨大な氷柱が何十本もそそり立っていました。

20100213-DSC_0051.jpg



「友知らず」と呼ばれるゴルジュを抜けます。「友知らず」とは友のことまで構っている余裕などなく、自分の身を確保するだけで精いっぱいの危険な場所だからという理由からついた地名だそうです。

20100213-DSC_0069.jpg



荘厳と言えばいいのか、自然はこれほどまでに偉大だということを思い知ることができる圧倒的な風景です。

20100213-DSC_0082.jpg

20100213-DSC_0094.jpg

威圧感さえある風景の中を慎重に滝へと歩みを進め、雲竜瀑のすぐ近くまで来ました。
20100213-DSC_0101.jpg



晴れていればここからでも雲竜瀑が見えるはずなのですが・・・
良く見ないですね(^_^;)
20100213-DSC_0105.jpg



この凍った滝ともう一つ滝を超えれば雲竜瀑まで行けるそうです。しかし、これを登るのは6本爪のアイゼンでは無理そうです。
あとは右の崖を巻いて行くルートですが、雪付きの急斜面で滑ったら50m位滑落してしまいます。途中まで登って様子を見ましたが、時間も掛かりそうだし諦めました。途中でアイゼンが外れてビビリましたよ。

残念ながら、これで2連続で敗退となってしまいました(T_T)
自然は厳しいですね。
渓谷入口まで戻ったところで昼飯にしました。寒い中でのラーメンは美味しかったです。
20100213-P1000717.jpg

<コースタイム>

林道ゲート(8:00)-日向砂防ダム展望台(9:15)-雲竜渓谷入口(11:17)-雲竜瀑手前(12:24)-雲竜渓谷入口(昼食)(13:00)-雲竜渓谷入口出発(13:30)-林道ゲート(15:00)

map01_20100215221554.jpg


コメント

  1. Tokko | URL | GCA3nAmE

    Re: 雲竜瀑へ

    す・・・すごい!
    氷柱(?)、ほんと凄いね~。
    凍った滝なんて想像も出来ないけど
    間近で見たら圧倒されるんだろうなぁ。
    雲竜瀑まで行けなくて残念だったけど
    でも諦める勇気も必要だよね~。
    アイゼンが外れた・・・
    聞いてるだけで怖いよ~(><)
    周りの景色は色がなくて白と黒の世界。
    まるで墨絵のようで素敵だわ~^^。

  2. きーじぇい | URL | SXOUCHsU

    Re: 雲竜瀑へ

    スケールの違いが伝わってきましたよ~
    自然は手強いですが、だからこそ観れた時の感動は大きそうですね。

  3. ひととせ | URL | jyilXsNc

    Re: 雲竜瀑へ

    スゴ杉、本格的冬山登山ですね。
    大昔日光に住んでいた頃、先輩が凍った瀧の氷を取ってきて、その氷でウィスキーを飲んだことがあります。
    遭難しなくて良かったね。(^g^)

  4. サトシ | URL | wLMIWoss

    >Tokkoちゃん

    凄いでしょ! 初めて見たときはビックリしたよ。
    雪の量はTokkoちゃんの実家のほうが凄いけど、氷はここのほうが凄いんじゃないかな。
    なんかもう異世界って感じだよね。

  5. サトシ | URL | wLMIWoss

    >きーじぇいさん

    あまりの迫力に圧倒されました。
    最後の高巻きは諦めましたけど、ここまででも十分に満足できます。
    これで天気が良ければ・・・(^_^;)

  6. サトシ | URL | wLMIWoss

    >ひととせさん

    いえいえ、9割方は林道歩きなんで、ぜんぜん本格的でないです(^_^;)
    日光に住んでたんですか! いいなぁ。
    天然氷のオンザロック、美味かったですか?

  7. ジークフリート | URL | -

    Re: 雲竜瀑へ

    とても素晴らしいというか、凄い景色に圧倒されました。
    巨大なつららのような滝は、写真からでもその迫力が
    伝わりますが、実際はさぞかし凄いのでしょうね。

  8. サトシ | URL | wLMIWoss

    >ジークフリートさん

    見る者を圧倒する迫力と言えばいいのでしょうか。言葉で言い表すのは難しいです。
    夏の風景とは全く違った厳しい世界がありました。

  9. meg. | URL | 4SZw2tfw

    Re: 雲竜瀑へ

    ホント、、凄い氷柱だ!!
    人と比べても・・・その大きさが解るもんね?
    どんなに歩き慣れていたとしても、、
    どんなに慣れ親しんだコースだとしても、、
    自然には敵わないですね~~?
    残念!って思っても、引き返す勇気の方が・・・
    命の方が大事だよね・・・

  10. サトシ | URL | wLMIWoss

    >meg.ちゃん

    写真で大きさや雄大さを出すには、比較となる人が入ってた方がいいよね。
    なので、あえて人が入った写真撮ってそれを使ったよ(^O^)/
    滝を見ようと最後に登った斜面、マジで45度じゃきかなかったとこもあってさ。そこでズルっと行ったら川まで滑落~(^_^;)
    先行の別グループは行っちゃったけど、大変そうだからやめといたよ。

  11. iraka | URL | NJsiWxd2

    Re: 雲竜瀑へ

    で、イワナは釣れましたか?(笑)
    凍って固まってそうですよね。(^_^;

    しかし凄い場所に行っちゃいますね!
    こうして普通見れない場所を見せてもらえるので、
    源流マンのサトシさんには感謝してます。

    でも、、、腰には気をつけて。(^_^;

  12. サトシ | URL | wLMIWoss

    >irakaさん

    こんな過酷な環境の中でもイワナは頑張ってるんですよね。彼らにとっちゃ寒さより暑さの方が問題なのかな(^_^;)

    腰はまだ完治してないですね。前かがみになると痛みます。腹筋強化しないとダメみたいです~。v-91

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://photomoment.blog22.fc2.com/tb.php/448-19536499
この記事へのトラックバック


最近の記事