■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

2011年05月03日 10:38

今年は珍しく4月から源流釣行でした。山奥を流れる渓流で岩魚を狙います。
例年だと5月どころか6月にならないと重い腰が上がらなかったんですけど・・・(^_^;)

行先は埼玉県の奥の奥、山梨、長野との県境も近い2000m以上の山々が連なる奥秩父です。
埼玉を横断するように流れる荒川源流部に足を踏み入れるのは、実に9年ぶり。
重たいザックを背負ってヒーヒー言いながら、登山道を歩いてきました。

荒川起点の碑
赤沢谷との出合に建っています。
ここまではハイキングコースで毎年のように訪れていました。
ここから先は本格的な登山道です。
20110423-P1010239.jpg


あいにくの雨模様の中、原生林に抱かれて歩きます。
20110423-P1010243.jpg

登山道は入川によって深く削られた斜面に沿って付けられています。
20110423-P1010246.jpg

ところどころ崩れて無くなっている登山道。
滑落しないように慎重に・・・。
雨なのでかなり条件悪し! 気温も低く冷たい風が吹き抜けていきます。
レインウェアを着てても中は汗でびっしょり。汗が冷えてめちゃめちゃ寒い~。
怪我でもして動けなくなったら、たぶん凍死・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
20110423-P1010254.jpg

んなことはなく、5時間ほど掛かって無事に柳小屋に到着しました。
ちょっとだけ釣りして3時くらいから飲み始めちゃってるし。
楽しい時間が過ぎて行きました。
20110423-DSC_0067.jpg

さて、翌日は快晴
早速釣りに出発。
入川は柳小屋のすぐ上流で、真ノ沢と股ノ沢に分かれます。
真ノ沢が本流で甲武信ヶ岳(2475m)の直下から水が湧き出し、東京湾まで173kmを流れる大河荒川の源となるのです。

ここ荒川源流には、秩父岩魚と呼ばれる特徴ある岩魚が棲息しています。
岩魚は川ごとに個性があり、模様や色などが少しずつ違うのです。
秩父岩魚の特徴は、オレンジ色というか朱色に近い斑点と、同じように色づいたヒレや腹の色です。
20110423-DSC_0116.jpg

20110423-DSC_0101.jpg

20110423-DSC_0119.jpg

最後に泣き尺(29cm)が出て満足して納竿しました。
尺=約30cmに届かないサイズを泣き尺といいます。
岩魚は30cmがひとつのステータスです(笑)
20110423-DSC_0120.jpg

入川の清冽な流れが春の日差しにきらめく。
20110423-DSC_0154.jpg

久しぶりの源流行。
いい岩魚も釣れたし、とても楽しく満足な2日間でした。

Nikon D90
SIGMA 18-125mm
Panasonic FT1


コメント

  1. きーじぇい | URL | SXOUCHsU

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    有意義な休日を過ごされたようですね。

    源流という響きは魅力的です。
    岩魚も独特の色合いをしていて綺麗ですね。

  2. サトシ | URL | wLMIWoss

    >きーじぇいさん

    今日は天気悪いから出撃無しでしょうか?

    源流の綺麗な流れを見てると、癒されるんですよ。
    滝なんかあれば、もう最高です。
    これからもう少しすると新緑の萌える季節ですよ~。

  3. K田 | URL | -

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    登山地図を見ましたが、柳避難小屋から真ノ沢のポイントまでは
    道無き道を行くんでしょうね~。29cmの岩魚なんて見た事がありません^^

    地図を見て思ったのですが、その昔「ニューサイクリング誌」に
    「十文字峠」が熟達・特志家向けで掲載されていましたが、
    どちらからアプローチするにせよ、どうやって自転車で越えたんだろう・・・

  4. ジークフリート | URL | -

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    泣き尺とは、上手い表現ですね。
    釣り師とは悔しいサイズかと思いますが、一般的には巨大な岩魚ですよ!
    独特の色合いといい素晴らしいです。

    しかし、山奥の渓流釣りは、命がけなんですね。

  5. iraka | URL | NJsiWxd2

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    サトシさん こんばんは♪
    本家サイトの釣行記が先にUPされるかと思ってましたが、
    こちらの方が早かった~。(笑)
    いつもながら過酷な場所を登っての源流釣行ですね。
    僕の行けない源流を見せてもらえて嬉しいです♪
    天然イワナのお腹がいい色してますね。
    しかも泣き尺まで出ちゃって!(^^)
    美しい自然に包まれてリフレッシュできたと思います。
    やはり自然はいいですね!(^0^/

  6. サトシ | URL | wLMIWoss

    >K田さん

    柳小屋からは釣りしながら行ったので、沢通しですね。
    ただ登山道も真ノ沢を渡ってますので、それでも行けます。登山道はそこから股ノ沢沿いを稜線まで突き上げるのかな?
    十文字峠への道ですか?
    とても自転車に乗れる道じゃないですね。柳小屋までですら乗れる所はほとんどないです。命がけなら乗れなくもないですけど(笑)
    十文字峠へは担いで終わりと思います。
    達成感だけじゃないでしょうかね。
    それならむしろ富士山のほうが、ブル道を下ってこれるからいいかも(^_^;)

  7. サトシ | URL | wLMIWoss

    >ジークフリートさん

    まさに悔し涙の泣き尺です(笑)
    昔はこのくらいのサイズはいくらでも居たらしいですけど、最近ではあまりお目にかかれないです。
    むしろもう少し下流のほうが水量も多く、エサも豊富なために大きなサイズに育つようです。

    ここは登山道があるのでまだ安全なんです。
    道もないところは川沿いに行くんですけど、泳がないといけない「通らず」や滝などもあるんで難しいですね。
    でもそういうところのほうが、人が入れないから大きな岩魚がいます(^_^;)

  8. サトシ | URL | wLMIWoss

    >irakaさん

    どうも~。
    あっちは文章が必要ですから(^_^;)

    秩父の奥は意外と秘境なんですよね。
    首都圏からも近いんですけど、車道が通ってないし。
    ただ釣り人はそれなりに入ってますね。
    とくにここは山小屋ベースで釣る事ができますし。

    今回は貴重な秩父岩魚を釣ることが目的だったので、それが達成できて良かったです。
    でも、真ノ沢でも普通のニッコウイワナが釣れたのはショックでした。やはり無差別放流の結果ですね。
    だんだんと混血が進んで原種が滅びてしまいそうです。

  9. がーこ | URL | NUlNITz.

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    楽しそう!これぞ男の休日という感じですね!
    本当に水がきれいなところですね。
    遭難しなくて何よりでした!

    ↓カタクリの花、まだ撮ったことがありません。
    可愛い花ですが、難しそうです。

  10. サトシ | URL | wLMIWoss

    >がーこさん

    はい、生きがいですから(笑)
    水はもうミネラルウォーターです。
    川の水、そのまま飲めますから(^_^)v

    カタクリの花、ぜひ撮ってみてくださいね。
    意外と撮りやすいと思いますよ。

  11. seiya | URL | -

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    小屋泊まりに岩魚釣り。
    こりゃ贅沢な時間を楽しまれていますね。
    シンプルライフが素敵です。

  12. mr.slim | URL | -

    Re: 埼玉県荒川源流 入川真ノ沢でイワナ釣り

    源流のイワナ釣り、若い頃は憧れていましたが、今では体力が衰えて、即遭難ですわ・・・(笑)
    札幌在住時にはよくエゾイワナを釣りに行きましたが、本州のイワナは川によって個性がありますね。
    厳しい環境に順応した結果でしょうね。

  13. サトシ | URL | wLMIWoss

    >seiyaさん

    究極のシンプルライフでしょうか(笑)
    全部担いで行かなきゃならないんで、どうしてもそうなっちゃいます。
    体力あれば贅沢できるんですけどねぇ。
    でも、とっても楽しい時間です。

  14. サトシ | URL | wLMIWoss

    >mr.slimさん

    私も年々キツくなってきました(笑)
    北海道は渓流釣り天国ですよね。
    ちょっとしたところでいいのが釣れるんですから最高です。
    北海道の岩魚はほとんどが海に降りるから、川ごとの特徴も少ないのだと思います。
    でも、40cmオーバーが普通に釣れちゃうんだから、うらやましいところです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://photomoment.blog22.fc2.com/tb.php/553-278e0d35
この記事へのトラックバック


最近の記事