■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道後温泉本館

2012年07月02日 23:51

愛媛といえば道後温泉ですよね。
この本館は明治27年に建てられたそうで、とても重厚な造りです。
道後温泉の街は今時の建物が多いのですが、その中にどっしりと構えているのが本館です。

お風呂のほかに休憩所もあり、お茶や坊ちゃんだんごも出るようです。

道後についた頃は土砂降りの雨。一人ですることもないので朝風呂に入ることにしました。
朝早い時間だったので空いていて、のんびりと湯を楽しめましたよ。

料金等はこちらのサイト

道後温泉本館
正面から
20120702-01-DSC_0023.jpg
Nikon D2Xs
AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)
1/30s F/7.1 EV+1.3 ISO200 CaptureNX2

とても重厚な造りですね。
2階、3階には休憩所があります。
20120702-01-DSC_0047.jpg
Nikon D2Xs
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
1/80s F/5.6 EV-0.7 ISO200 CaptureNX2

坂の上から俯瞰できるんですよ。
しっとりと雨に濡れた瓦がいい色してますね。
20120702-01-DSC_0038.jpg
Nikon D2Xs
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
1/400s F/5.6 EV-1.0 ISO200 CaptureNX2

念願の道後温泉本館の湯に入れて、満足でした。


コメント

  1. ギル | URL | USldnCAg

    Re: 道後温泉本館

    明治27年か。
    思ったより古くないんだね。
    でも実物は迫力あるだろうね。

    上から撮ったようなのは手前が高台にでもなってるんかな。

  2. サトシ | URL | wLMIWoss

    >ギルちゃん

    いい感じの建物だよね。
    中も撮っておけば良かったなぁ。

    正面から見て右手は山になってるんよ。
    で、上には見下ろすように湯神社があるよ。
    そこの坂から撮影したんよ。

  3. meg. | URL | 4SZw2tfw

    Re: 道後温泉本館

    サトちゃん、、おはよう~♪

    ジブリに出てきそう・・・(*^m^*)
    周りがあまりに綺麗過ぎちゃって異空間な感じ。
    温泉街でこういう雰囲気に統一してくれるといいのにね・・・
    何だかのんびりとお湯に浸かって、ほわぁ~~んとしたくなるようです(^_^)♪

  4. サトシ | URL | wLMIWoss

    >meg.ちゃん

    こんにちは。
    今日は夏!って感じになったね。

    ここだけタイムスリップしたような感覚になるよね。

    ここは「千と千尋の神隠し」のモデルになったって言われてるよね。
    ほんと、中も薄暗くて廊下も長くて、そんな感じだったよ。
    2階には別料金だったんで上がらなかったけどね(^_^;)

    何度もお風呂に入ってのんびりしちゃったよ。
    でもお湯がもう少しぬるいとゆっくり浸かっていられたんだけどな。

  5. がーこ | URL | NUlNITz.

    Re: 道後温泉本館

    おー、道後温泉、駆け足の四国ツアーで行ったことありますよ!
    お風呂も入りました!
    聞くところによると、料金でサービスが分かれているとか。
    ツアーだったから、たぶん一番安い料金タイプだったんだろうな。
    懐かしいです。^^

  6. サトシ | URL | wLMIWoss

    >がーこさん

    こんにちは。
    お、行ったことあるんですね。
    いいお湯だったでしょ。
    一番安いのは1階のお風呂の入浴だけ。
    その次が2階の座敷での休憩とお茶、おだんごが付くコースだったかな。
    あとは天皇陛下の入浴した皇室専用のお風呂の見学とかができるのもありました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://photomoment.blog22.fc2.com/tb.php/636-6afc2502
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。