■メインサイトメニュー
HOME ABOUT GALLERY BBS LINKS



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県 小鹿野 二子山

2014年11月10日 00:01

渓流釣りシーズンも禁漁になって、はや1ヶ月。
トレーニングもかねて、登山をしてきました。
場所は前から行ってみたかった二子山。
ここは石灰岩でできた岩山です。二子山の名前の通り、東岳と西岳の二つの山頂があり、とてもスリリングな岩稜歩きができます。
行ってみたら思った以上のハードさ。車に戻る帰り道、膝が笑ってました。

坂本登山口から登ります。
まずは東岳と西岳の間にある股峠を目指します。
20141108-DSC_0003.jpg



曇り空の予報が外れて、素晴らしい青空。
鮮やかな紅葉も最高です。
20141108-DSC_0023.jpg

ここは股峠。
ここから東岳に登り、いったん戻って西岳に向かいます。
20141108-DSC_0033.jpg

東岳から振り返ると、そこには西岳の雄姿が。
この後、あそこに登ります。
20141108-DSC_0044.jpg

東岳山頂に到着!
20141108-DSC_0060.jpg

股峠に戻って、今度は西岳に向かいます。
こちらのルートも岩が多いです。
20141108-DSC_0075.jpg

途中、先ほど登った東岳が見えました。
20141108-DSC_0080.jpg

西岳へはアップダウンが続きます。
20141108-DSC_0088.jpg

西岳山頂!
ここでお昼にしました。
20141108-DSC_0096.jpg

ローソク岩に取り付くクライマー。
20141108-DSC_0106.jpg

西岳山頂を振り返って。
あの稜線を歩いてきたんだなぁ・・・。
20141108-DSC_0111.jpg

西岳から先の稜線歩きはかなりハードでした。
小ピークをいくつも越えます。
ゴツゴツに侵食された石灰岩の峰です。
20141108-DSC_0122.jpg

最後の難所、鎖場の下り。
足がかりはあるのですが、難しいです。
20141108-DSC_0139.jpg

車止めへ戻る杉林のルート。
途中で2つに分岐してたので、近そうな右に行ったのがちょっと失敗。
すべりやすい急斜面で、脚が疲れて膝が笑ってました。
股峠に戻るコースが正解でしたね。
20141108-DSC_0143.jpg

埼玉県にこんなに楽しい山があるとは思いませんでした。
股峠北側の登山口からなら、峠まで5分と手軽です。
また訪れてみたい山です。

コースタイム
坂本登山口(8:00) - 股峠(9:00) - 東岳(10:00) - 股峠(10:40) - 西岳(11:30) - 昼飯(12:20まで) - 稜線終点(13:00) - 坂本登山口(14:40) 
途中、小休止・撮影時間含む


コメント

  1. らんた | URL | kBU0PDh2

    Re:埼玉県 小鹿野 二子山

    お久しぶりです。
    二子山ってほんと舐めてかかると痛い目に遭う山の代表ですよね。
    叶山の航空母艦が懐かしいっす。

  2. tk | URL | zwMs.JmU

    Re:埼玉県 小鹿野 二子山

    凄い急斜面
    と言うより岩登りに近い感じですね(^^;
    しかしこの上からの景色は素晴らしそうです!

  3. サトシ | URL | wLMIWoss

    >らんたさん

    おひさしぶりです。
    この山、思った以上に大変でした。
    トレーニングにはもってこいですね。
    航空母艦ですか。言われてみればそんな感じですね

    自分たちが行った翌日に、二子山の東岳で死亡事故が起きてしまいました。
    鎖場で滑落したようです。

  4. サトシ | URL | wLMIWoss

    >tkさん

    場所によっては崖を登るところもありました。
    結構難しい山です。
    爽快感はありますが、油断はできないですね。

    山頂は360度のパノラマだし、岩尾根も最高の景色でしたよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://photomoment.blog22.fc2.com/tb.php/751-38f00e51
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。